HOME > 歌の紹介 > あいつが逝った

 
 

歌の紹介

 

歌の紹介

 
花水木薫る町 あいつが逝った あの子よ

 

あいつが逝った

歌:北山美恵子
作詞:北山 順一 作曲:沓澤 徳二

この曲を視聴する
【 1曲/5分16秒 】

(WindowsMedia)をクリックすると曲の試聴が出来ます。


1)
親子二代の 消防に生きる
誇り高き 熱い想い
家族犠牲に 救助ひとすじ
われを忘れて ダッシュに訓練
こころを刻む 市民の命
あゝ あいつが逝った
炎の中へ 人の命を助けるために
さよならさえも 告げないままに

2)
ある朝突然 地震がおそう
街は崩れて 赤く燃えた
水も涸れた ホースの口を
握りしめて 唇かんだ
すすにまみれた 涙がおちた
あゝ あいつが逝った
炎の中へ 人の命を助けるために
あとは頼むと つぶやいて

3)
行くなと止めても 聞かないだろう
そこに命があるかぎり
誰かいるぞと 親指たてる
炎に浮かぶ たくましい身体
屋根が崩れて 空が燃えた
あゝ あいつが逝った
炎の中へ 人の命を助けるために
悲しい声が 聞こえるか



Windows Media Player のダウンロード
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/download/default.aspx
△ご使用のPC環境にあったWindows Media Playerをダウンロードしてください。



「花水木薫る町」(4分58秒)へ 「あいつが逝った」(5分16秒)へ
「あの子よ」(4分53秒)へ  

 

 
     
  ページトップへ